いぬかさブログ

衣食住の雑多コンテンツが中心

とにかく痛い白斑 ラップ湿布で乗り越えました

 

妻です。

長男、長女、次男と三子とも母乳で育ててきた(現在進行中)私ですが、どの子の時も母乳量が安定して混合から完全母乳に移行できたのは産後一ヶ月くらい経ってからでした。

次第に増えるはずのほ乳量に比べて、おっぱいは徐々に小さく柔らかくなり、そのうち張らなくなるので「え?出てる?」と心配になったりしたものです。

おっぱいは受注生産。赤ちゃんが吸えば作られる。その仕組みがわからなかった第一子長男の産後は、「母乳はおっぱいに溜まる」というイメージにとらわれて、母乳が足りているかどうか不安で不安で充血した目でネット検索ばかりしていました。

出てるおっぱいほどふにゃぱいなんですよね。そして、見るべきは赤ちゃんの体重で、増えていればそれでよし。寝不足とストレスの方がよっぽど出なくなるので、母乳不足感の亡霊に悩まされている人は隙間時間にとにかく寝ましょうね。と過去の自分に言いたいです。

 

授乳中は激痛で白目。恐怖の白斑

さて、そんな母乳育児につきものなのが、いろんな痛~いおっぱいトラブル。

切れたらピアバーユ、ランシノー、馬油。乳腺炎で発熱なら産婦人科受診。その辺りは常識ですが、解決策がわからずに私がほとほと困ってしまったのが白斑(はくはん)です。

白斑とは乳口の詰まりのことで、乳首の先に白いニキビみたいのができること。おっぱいが詰まってしまって乳房は石でも入っているみたいにデコボコ固くなり、上から触れると痛みます。白斑自体もジクジクひどく痛み、授乳時には膿んだニキビをひねりつぶされるような激痛で脂汗が出るんです。

救いを求めてネットを放浪するも、大体ほとんどが「赤ちゃんにたくさん飲んでもらうしかありません」でまとめられている始末で、ぐおーーーー!そんなことはわかっている!今すぐこの痛みなんとかしてくれ!!と白斑ができるたびに天に叫んでいました。

ちなみに、一旦ミルクに切り替える手もありますが、その間の搾乳もまた痛い。それに直飲みに比べて搾乳機では詰まりが取れにくいので、一刻も早く痛みから解放されたい、開通してくれという思いから、また激痛をおして授乳するのであります・・・。

 

地味に効果あり。湿布=乳首をふやかしておく

ということで随分と前置きが長くなりましたが、何度も白斑に悩まされた私がいろいろ試して、これは地味に効果ありと定番化した方法が以下です。

①お風呂に入る。湯船に5分以上つかって、乳首をしっかりふやかす。

②あがったら、(できるだけ早く)乾燥する前にラップにワセリンやランシノーを真珠大に塗ったものを湿布する。次の授乳までそのままにする。

③湿布をはがしてさっと拭いてから授乳する。

f:id:inukasaownd:20180710153145j:plain

この方法で私の場合はほぼ確実に③の授乳で詰まりが抜けました。白斑自体はすぐには取れないけれど、詰まりが抜ければ痛みはかなり良くなります。お風呂に入るたびにラップ湿布をしていれば数日で白斑自体もなくなります。

湿布は授乳のたびに新しいラップに替え、汗をかいている場合は清浄綿や温タオルで拭いてからにした方が衛生的だと思います。

 

はじめてのPTA役員。良かったこと、がっかりしたこと

妻です。

昨年の春から一年間、息子が通う小学校でPTA役員を務めました。巷ではブラックと批判の多いPTAですが、実際にやってみると私が体験したものはそこまでひどいものではなく。なんとなく末端の仕事をいくつか手伝っていたら任期は終わってしまいました。

 

常識通用しない異世界なのは確か

身構えたほどではないにしても、やはり確かにそこには「一般的な社会人の常識が通用しない独特な風土」があり、できれば今後は関わりたくないと思わせるネガティブ要素がいくつもありました。

たとえば、いきあたりばったりでグダグダの会議だとか、効率や必要性の有無を言い出してはいけない雰囲気だとか。この辺は全国共通なんでしょうけど。

会長さんが愛想と挨拶だけは抜群にいいのに、普段の些末な活動にはほとんど参加しないのも箔付け目的っぽくて残念でした。

あと、地味にストレスだったのが、ノウハウや情報を共有化したがらない古参のベテランママ。彼女が一人で活動のほとんどを掌握していたんですが、待てど暮らせどなかなか引き継ぎも業務分担もしない。一方で忙しい、忙しいと言う。当然こちらは手伝いを申し出るんだけど、なんだかんだのらりくらりと受け流されてしまうという。

私も鈍感なもので夏休みが始まる頃までそんなやりとりをして、やっと「そうか!この人は私でなければ分からないという状態をできるだけ維持したいんだ!」と気づきました。属人化はドラッグですね。

 

でも、「知り合い以上ママ友未満」は助かる

まぁでも、PTAという異世界、立場や価値観が違う人たちと一緒に何かをすることの難しさ、それらを改めて思い知らされたという点では、ここ何年も同僚や地元仲間など均質化した集団にばかり身を置いてきた自分には良い経験だったのかなと。

それと、「知り合い以上ママ友未満」が増えたのは棚ぼたラッキーな展開でした。人付き合いがそれほど得意でないタイプの人間にとって、子どもが同じ学校に通っているという共通点しかない「ママ友」はハードルが高いんですよね。無理して作ってもストレスになるばかりで。田舎のマイルドヤンキー率高めの地域ならなおさら。

かといって、アホ男子の伝達力はあきれるほど低く、学校の大事なお知らせや行事の詳細なんかを誰かに確認したい時もある。そんなときPTA活動で顔を合わせている同じ役員なら、面倒な付き合いなく業務連絡のついでにさらっと尋ねたりできて、これほんとに助かりました。

 

【まとめ】

PTA役員やって良かったこと

・ある意味ダイバーシティを実感できる

・学校内に詳しくなる(職員室、トイレ、会議室、倉庫など)

・「知り合い以上ママ友未満」が増え、面倒な付き合いなしに情報交換できる。

 

PTA役員やってがっかりしたこと

・前年踏襲と予算消化が目的化してて、無駄を無駄と知りつつやらなくてはいけない

・組織運営がとにかくいろいろ致命的にグダグダ

・古参のベテラン役員ママのマウンティングがエグい

・全員の責任回避欲求で物事が空転してばかり

・「子どもたちのために」という常套句が連呼される気持ち悪さ

・古参役員ばかりが内輪ウケで盛り上がる連絡用のグループLINEがキツい

その他、山ほど。

青森でぼちぼち保活。待機児童それなりにいます

妻です。

今年度中の育休復帰に備えて、ぼちぼち次男の保活をはじめています。

都会と違って地方の保活はさほど厳しくないように思われがちですが、年度初め一斉入所の4月を逃すと青森県でもなかなか希望の保育園に入ることはできません。

だから、やむを得ず育休を延ばす人もざらにいるし、実家の協力を得て仕方なく幼稚園にする人もいます。

 

0人ってちょっと、ちょっと・・・

ところが、公表されている青森県の待機児童はものすごく少ないんです。厚労省が発表している青森県の待機児童数(平成29年度4月時点)はまさかの0人。10月時点でもわずか44人です。しつこいようですが県全体でです。

県庁所在地の青森市ではどうでしょう。4月時点でやはり0人。10月時点では7人です。これが本当なら待機児童なんてほとんどいないに等しいですよね。

でも、入れなかった子たくさんいるよ・・・?

f:id:inukasaownd:20180604155004j:plain

 

本当は200人超えてる

どうしてこんなことが起きているのかというと、待機児童の定義がおかしいからなんです。自治体が調査する待機児童数には、「育休中の児童」や「特定の園のみを希望して他に空きがあるにもかかわらず入所しなかった児童」が含まれないんですね。

このふたつを待機児童としないで、いったい何を待機児童というのか。実際問題、家や職場から遠い園や上の子の園と離れた別の園しか空いてなかったら、入れますよって言われたって入所できないじゃないですか。

こういう潜在的待機児童、隠れ待機児童の問題は全国的に注目されているところなので、早晩、青森県でも統計の出し方は変わってくると思いますけれども。

というか、これ以上、実情とかけ離れた参考にならない数字が新聞やネットで取り上げられると、子育て家庭の実態を知らないおっさん上司が「入れるのに選り好みして入らない」みたいな誤解をしかねないので、できるだけ早く改善してもらいたいものです。

ちなみに、県議会の答弁で「特定の園のみを希望したために入所できなかった児童」の数(青森県内)が公表されています。平成29年度4月時点で243人だそうです。どこが0人なんだかー。これでもまだ育休中が入っていませんので念のため。

 

で、うちは入れるのでしょうか・・・

西野カナの「トリセツ」に鳥肌がたつのはなぜかしら

妻です。

 

西野カナの色素薄い感じとタレ目が安野モヨコの画みたいでかわいらしく、曲はともかく本人のイメージには好感を持っていた私ですが、先日、テレビで彼女の人気曲「トリセツ」の歌詞をまじまじと見る機会があり、心底ゾッとしたので理由を分析してみようと思います。

 

ちなみに、歌詞掲載はいろいろ問題あるらしいのでナシでまいります。よろしくお願いします。

 

 

悪いのは私か、おきゃんてぃなカナか

「トリセツ」は、プロポーズされた女性が婚約者に向かって取扱説明書の要領で自分との結婚の心得を語りかける曲です。

 

「永久保証」「一点物」など、自分を家電かなにかに擬物化する手法がとてもユニークな楽曲ですが、一切ブレることなく、その設定を貫く歌詞を見守っていると、なんだか気分がモヤってきます

 

脳裏をよぎるのは、25歳以上の独身女性を売れ残りのクリスマスケーキに例えた結婚論や、マンガ好きの政治家の「女性は産む機械」発言。

 

飛躍しすぎと自分を諌めて、気を取り直し聴こうとするのだけど、カナが甘い声で追い打ちをかけてきます。今度は年齢を重ねることを「古くなる」だと?露骨なんだって、だからー。

 

さて、問題は私の感受性にあるんでしょうか。カナがおきゃんてぃが過ぎるのでしょうか。もはや私にはわかりません。

 

イメージは目のすわったメンヘラ女子

もちろん、中には「不機嫌なとき構ってくれないとすねるぞ!」とか、「記念日には食事に連れてってね!」とか、純粋に微笑ましい内容もちゃんとあります。

 

ですが気になって仕方ないのは、サビに繰り返される「こんな私」と「でも笑って許してね」「大切にしてね」のコンボ。

 

自分を卑下しながら、V字に無条件の愛情を求めるこの感じは、そう、まるで彼氏にどっぷり依存するメンヘラ女子!

「私ってこういう人間だから」と自分勝手に言い放って我を通しそう~。ゲロめんどくせえ!

 

 

最後に、今さらですが西野カナは嫌いじゃないんです。でも、この歌はなんか気持ち悪い。まあ、人それぞれ好き嫌いはありますよね。私は完全に「私がオバさんになっても」派だと痛感しました。

クラフト系主婦作家に抱く歪んだ思いを浄化せねばなるまい

妻です。

ここのところ、津軽地方で開催されるイベントにやたらクラフト系マーケットが組み込まれていて、結構な飽和状態となっています。

 

ショッピングセンターや自動車メーカーの販促イベント。行政や経済団体がらみの地域活性化イベント。あっちでもこっちでもハンドメイドだ、ワークショップだと、精巧でガーリーな工作物や手芸品がマーケット形式で売られ、最近ではデパートまでが催事で採用するほど。

 

おうい!他にネタはないのかー!と言いたくなるほどです。クラフト系マーケットの集客効果ってそんなに堅いんでしょうか。

 

 

ゆるゆるとした丁寧な暮らしへの羨望と嫌悪

クラフト系作家のイメージといえば、「専業主婦」「自宅作業」「子育て優先」「ゆるゆるとした」「丁寧な」といったところでしょうか(勝手な偏見です)。

リンネルとか暮らしの手帖とか読んでいそう(勝手な偏見です)。

 

日頃、トイレすら我慢して、とにかく時間と闘いながら、がむしゃらに暮らしているワーママからするとまさに対極。なかなか相容れないものがありますね。

 

ストレスなさそうでいいな~という思いと、けっ!楽しやがってという思い。この2つが拮抗して、いや、相まってと言った方がいいかな。とにかく、どんなに素敵な作品を見ても、その作家の製作に励むだけの時間的、経済的、心理的余裕が透けて見え、気分が萎えるという事態が生じてしまっています。

 

結果、作品の価値を純粋に受け取れず、お?可愛いなーと一瞬思っても買う気にはなれないという。

 

ダメだ、このままじゃ

 

 

正気に戻るために書いているんだ

隣の芝は青く見える。ほんとそうですよね。 

実際には、作家にだって当然ストレスがあって、それぞれに何かと闘いながら暮らしているはず。そもそも専業主婦じゃないかもしれないし。望んでそうしているとも限らない。

 

生活の心配なく、やりたいことをやっているように「見えるだけ」。

 

それなのに勝手に僻んだり、自分の生き様を肯定するために相手を軽蔑したり。自分で自分を消耗させて。

いい大人になっても、まだまだ愚かな自分が悲しい

 

自分の未熟さをしかと受け止めて、今後はクラフト系マーケットの告知を見ても舌打ちしたりしないようにしたいと強く思っています。

  

でもやっぱり開催数は多すぎると思う

ファミリー層狙ってるなら、ワーママ人気はないからな!覚えとけっ!

Amazonのリンク(URL)を超短縮する、意外と知られていない方法

Amazonのリンク(URL)を超短縮する、意外と知られていない方法

 

夫です。やっとAmazonプライム会員になりました。

FacebookAmazonのリンク張ってる人の9割、超長くなっててダサいよね

SNSやLINEなど、離れている相手に対して自分が見ているサイトを共有したいとき、普通はアドレスバーにあるURLをコピペして送信すると思うんですが、Amazonでそれをやると、ものすんごい長くなっちゃうんですよね。

f:id:inukasaownd:20170104011315j:plain

上のリンクの実際の長さはこんな感じ。URLはアルファベットが原則ですけど、日本語が入っているとこうなっちゃうことが多いです。

f:id:inukasaownd:20170104011323j:plain

これ、このままSNSとかに投げるの、かっこわるい。

文字数使いすぎだし、Twitterとかだとこれだけで140字すでに詰んでる。

 

知ってる人は知ってると思うんですが、Amazon純正機能を使ってURLを短縮できるので、その方法を共有します。

シンプルは正義

f:id:inukasaownd:20170104012103j:plain

右側に「シェアする」とあるので、クリック。(文字小さくて見えにくいなっていつも思う)

 

f:id:inukasaownd:20170104012304j:plain

ポップアップがでてくるので、「固定リンク」右側のURLをコピーします。

完了。

まとめ

Before(アドレスバーをコピペ)

文字数:338

After(「シェアする」をクリックしてコピペ)

文字数24

 

もう、圧倒的に後者ですね。

Amazonのリンクを共有したいときは、これ一択で。

 

 

 

未婚を揶揄する悪気なき紅白と夫婦ゲンカ

妻です。

性別への偏見から一方的に傷つけられた経験は大なり小なり誰でも持ち合わせていることと思いますが、昨日そうした偏見に強く憤るとある著名人のFacebook投稿をきっかけに犬も食わない夫婦ケンカをしてしまいました。

 

事の始まりはこれ。

www.facebook.com

 

最近何かと注目されている気鋭の社会起業家・駒崎氏。この投稿に感銘を受けた夫が唐突にスマホを渡してきて、私に読むように勧めてきたのです。

 

ふざけるのやめよう、全然おもしろくない

 

読んでみると中身は至極真っ当で、田嶋陽子さん辺りは20年前から訴えていたことなので特段の新しさはありません。ただ、それを若く世の中に影響力を持つ男性が訴えているという点は確かにいいね!でした。

 

彼のやっている事業からすれば、このような正常な感性を持っているのは当然のことですが、それでもこうして、長い間、私たちが受けてきた辛苦や戸惑いを、わが身に置き換えて想像し、憤り、世の中に発信してくれたことは素直に嬉しい。喜ばしい。素敵やん、駒崎。

 

彼自身は年末の心休まる一時にとんだ不愉快な思いをさせられたと嘆いていましたが、私にとっては休み明けの日常が近づく憂鬱な年始の終わりに一服の清涼剤となりました。

 

もちろん一部のリアリストからは、これは予定調和のささやかな余興なのであり、輝かしい経歴をのぞけば、現在のところ人柄と負け犬キャラという武器しか持ち得ない吉田選手のタレント性を考慮して、彼女を魅力的に面白おかしく観せようというNHK側の配慮なのだから、そんなにいきり立つなという情状酌量の声もあがっていることでしょう。

 

駒崎氏の槍玉にあがったりゅうちぇるも然り。万人に受け入れられやすい表現を使っただけで悪気はなく、憂うべきは女性らしい女性こそ花嫁にふさわしいとする、この国に根付く悪しき価値観の方です。

 

しかし、しかしながら、やはり私たちは憤るべきだと私は思うのです。駒崎氏を「マジメか!」とつっこんではいけないと。

 

だって、もういいかげんやめてほしい。
未婚の女性を滑稽なものとして扱うことも、結婚を一人前の人間の証とすることも。
そういう価値観は下品で不勉強で、恥ずべきものという扱いにしていきませんか。もう2017年だぞ、おい。

 

私のような地方都市の平凡なワーキングマザーでさえ、物心ついた頃から女だというだけで理不尽な目に遭ってきたのです。その数はもう無数。自分の娘にはどうにかしてこんな思いをさせたくない。

 

NHK吉田沙保里もりゅうちぇるも悪くない。悪くないけれど、少しだけ反省して。どこかで誰かが傷ついているから。嫌〜な気分になっているから。
どうなんですか。嫌悪感を感じる人の数の方が、もう多数派なんじゃないの。

 

 

で…私たち夫婦のケンカの顚末は

 

スマホを渡された私は、てっきり夫が社会問題についてディスカッションしたいのかと思って、古き悪しき女性観の呪いに「憤る女」と、「むしろ心地よさを感じて受け入れる」女の二種類について話し出したのですが、夫はそれを遮って両者を十把一からげにし、いずれも駒崎氏のような非凡な人間とは違うと、「世の中を変える人」と「変えられない人」の二種類にすり替えやがりました。

 

その後も社会問題をビジネスで解決しようとすることの有効性と将来性ばかり讃えて、呪いがいかに至るところにひそんでいるかなど、この問題の本質にはまったく入ろうとせず。

 

ええ、世の女性への同情の言葉もありませんでしたし、一番身近な女性である私が経験した不愉快な出来事にも共感するそぶりもありませんでした。

 

そうです。彼が話したかったのは駒崎氏や社会起業の素晴らしさについてであり、それ以上でも以下でもなかったのです。


そんな夫にとっては、私も田嶋陽子も関白宣言を理想とのたまった平愛梨と一緒。なんなんだ。じゃあ、最初から議論ふっかけてくるような素ぶりすんじゃねぇ!

 

ああ腹立たしい。
あれから一日経ちますが、まだ仲直りはしていません!